海援鯛は、稚魚導入時から出荷まで完全無投薬。養殖業界に新風を巻き起こしています。
トップページ 土佐鯛工房の考え方 漁師日記 鯛の気持ち 取扱店 レシピ お客様の声 漁師紹介 お問い合せ

  海援鯛の色 - 2015年02月05日

  ○海援鯛の色
一般的に鯛の色はどのように考えても答えは一つです。鯛の体色は赤、もしくはピンク色です。養殖初期の頃、鯛の色は真っ黒で、黒鯛か!なんて言われていました。

現在の養殖鯛はどこの養殖鯛も昔と違ってきれいな色をしております。海援鯛は、腹は銀白、背中は透き通ったピンク色、アイシャドーは青がくっきりと・・・この様な、見た目でも天然鯛同様、しっかりした色を目指しております。

その為にはどのような管理、育て方をすれば良いのか・・・・未だにメンバー一同、年中考えておりますが基本的には前回もお話ししたように、まず鯛にストレスを与えない飼い方をすることです。

そして、稚魚導入から、まず考えないといけないこと・・それは日焼けです。海上では紫外線の強さは半端ではありません。ましては、日焼け予防で鯛に日焼け止めクリームを塗る訳にはいきません。人間と同じで日光に当たると鯛も日焼けをします。鯛においては日焼け美人は絶対ありえません。どんなに形が良くても色が黒くては鯛美人(?)にはなりえないのです。

日光の紫外線が鯛に与える悪影響は多大です。よって、出来るだけ飼育全期間において遮光ネットはするべきなのです。まして海の底で生活している鯛には紫外線はすごいストレスにもなるのです。海援鯛の場合、稚魚導入から出荷まで、遮光ネットをするように規定されています。

また、鯛の色に関しては遮光ネットだけではありません。海援鯛独特の見た目にも美しいピンク色の鯛にする一つの手段ですが、鯛の色を美しくする事に関しては、まだまだ奥が深いところが有ります。

sakana
<   2017-09   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 


土佐鯛工房  高知県須崎市浦ノ内塩間49-2  電話:088-857-0355  FAX:088-857-0320

Powered by Nucleus CMS