海援鯛は、稚魚導入時から出荷まで完全無投薬。養殖業界に新風を巻き起こしています。
トップページ 土佐鯛工房の考え方 漁師日記 鯛の気持ち 取扱店 レシピ お客様の声 漁師紹介 お問い合せ

  厳しい独自の出荷基準があるから安全

 

体色測定部位
出荷風景
海援鯛は、姿・形・色・太り具合などの厳しい基準を合格したものでないと出荷されません。祝い、めでたい席の、鮮やかで、光り輝く明るい色をしているその揺るぎない存在感はそのままです。

1.出荷条件
病気等のない健康な鯛であること、肉質は3日以上ドリップの出ない鯛であることなど、海援鯛基準に達した鯛。

2.体色
色調色差計により4カ所(右図・頭部、背部、腹部、尾部)を測定し、各部の数値が海援鯛基準を下回らないこと。

3.体型
肥満度19〜24の範囲内にあること。且つ、背びれ、尾びれ等が切れていないこと。


写真=(上)測定部位(下)出荷風景

海援鯛の紹介とこだわり
他の鯛と比べてみました


土佐鯛工房  高知県須崎市浦ノ内塩間49-2  電話:088-857-0355  FAX:088-857-0320

Powered by Nucleus CMS