海援鯛は、稚魚導入時から出荷まで完全無投薬。養殖業界に新風を巻き起こしています。
トップページ 土佐鯛工房の考え方 漁師日記 鯛の気持ち 取扱店 レシピ お客様の声 漁師紹介 お問い合せ

  土佐鯛工房の考え方

 


土佐鯛工房は、認証制度の有無に関わらず、安全・安心な無投薬の養殖鯛を育て続けます。

近年、食生活の多様化や国際化の進展に伴い、消費者の食品に対する関心が高まり、食品表示の見直しや国際規格との整合性が重要な課題になっています。

農産物については、有機農産物に係る表示のガイドラインが施行されていることもあり、各地で生産への取り組みが進み、栽培技術も向上しています。また、有機農産物を原材料として使用した旨の表示がなされた加工食品も出回りはじめており、消費者の関心が高く、表示の適正化へのニーズがさらに大きくなってきていると考えられます。

しかしながら、「有機水産物」については認証制度も確立しておらず、今のところ流通している例がほとんどないのが現状です。
もちろん、認証制度が確立していないからといって、手を抜くことはありません。「有機水産物」の認証制度の有無に関わらず、安全・安心な無投薬の養殖鯛を育て続けることが土佐鯛工房の姿勢です。


■高知県/須崎市のシェア(真鯛養殖の生産量)
項目生産量(シェア)順  位
高知県5,984トン(全国シェア8.3%)全国4位(1位愛媛県、2位三重県、3位熊本県)
須崎市2,167トン(県内シェア36.2%)県内2位(1位宿毛市)

資料:農林水産省統計情報部(平成15年)

海援鯛の紹介とこだわり
他の鯛と比べてみました


土佐鯛工房  高知県須崎市浦ノ内塩間49-2  電話:088-857-0355  FAX:088-857-0320

Powered by Nucleus CMS